<Message History >
 Home

<メッセージ (2018年 9月 3日)>

昨日、電験の試験を受けてきました。出来栄え?う~ん、試験時間も気になって、やっぱり本番は焦りますね。よく分からない問題が多かったかな。答えを選択するマークシート方式だから、カンで答えた回答に運が味方してくれることを願います。(笑)
さて、試験も終わって、少しゆとりが出来たから水滴写真の撮影をやっていこう。ここ数か月は、試験の勉強でほとんど撮影が出来ていないので、だいぶ腕が鈍っている感じがしますよ。ネットにも投稿していないから、写真仲間のみんなとご無沙汰だなぁ。

(にせぶ)


<メッセージ (2018年 8月 18日)>

撮りためていた水滴写真の整理をしました。最近、仕事が忙しいのと、休日はもっぱらギターを弾いているので、水滴写真を撮ったものの、整理しないでほったらかし。これじゃ、いかんなって感じで、大量の写真を削除。100枚につき、1枚くらいを残して他はみんなボツです。
ところで、時間をおいてから改めて写真を見ると、客観的に写真を見ることができますね。撮っている時は思い入れがあるので、これは傑作!と思った一枚でも、数日後に改めて見ると、さっぱりダメだなぁって思ったり。
そうか、ほったらかしにしておくのも、ちゃんと意味があるのかも・・って都合の良いことを思ったりしたのでした。
(にせぶ)


<メッセージ (2018年 7月 16日)>

富士山も登山開きしましたし、すっかり夏らしい毎日になりました。私は登山がとても好きで、毎年お盆の連休には北アルプスから南アルプスにかけて、気に入った山を一週間くらい縦走します。でも、今年は電験3種の試験(9月2日実施)を受けるので、その勉強もあって山登りに行けるだろうか・・。家でコツコツ勉強してるかも。(@_@;)
さて、夏場の水滴写真撮影で厄介なもの。それはやはり「結露」です。水道水をそのまま使っていると、グラスがすぐに結露して曇ってしまうので、水道水をバケツに汲んでしばらく放置してから使ってます。
あとは、そう、外の天気が良いと、遊びに出掛けたくなるので根気が続かない。これも重大な問題ですね。(笑)

(にせぶ)


<メッセージ (2018年 6月 10日)>

水面に1滴落とすと、波紋が周囲に広がっていきますが、この広がりが花びらのようになるので、必然的に花の形を創ってみたくなります。跳ね返りの水柱が雌しべになるでしょう。あとは、波紋がクッキリと水面に浮かび上がるようにして、花びらに色をつければ完成です。ここまでに必要な水滴はたった1滴。つまり、1滴あれば水面に花が咲くんです。あまり一般的に知られていることではないですけどね。

(にせぶ)


<メッセージ (2018年 5月 20日)>

身の回りを注意深く見つめてみると、水滴写真の参考になるものを見つけることができます。例えば、ガラスの食器や、公園の噴水、水たまりの波紋などです。あと、意外にもピカピカの車のボディが見せるデフォルメされた町の風景も波紋に映す柄を考える時に参考になったりします。
で、先月北海道へ行ったときにたまたま道路脇の氷が朝日に輝いてるのを発見しました。つららのような少し溶けかけた氷でした。表面がつるつるの曲面になっていたのですけど、そこへ朝日が屈曲していて流体らしいぬめり感のある光の模様が氷の表面に現れてました。このぬめり感のある光の模様は水でも出来るかもしれない。そう思って、現在あれこれ案を考えているところです。

(にせぶ)

<メッセージ (2018年 4月 20日)>

前回に続いて、音楽の話です。(写真じゃなくてすみません。)
わたしはもともとアコースティックギターが好きで、今はヤマハのギターを弾いているんですけど、先日、名古屋で新しいギターを買いました。コリングスというメーカーのギターです。木材はAAAグレードのオールハワイアンコア。コリングスらしく、シンプルながら丁寧な作り。指板のポジションマークもなく、このシンプルさが気に入ってます。音はびっくりするくらいきれいです。ピックを使わず、指弾きなので弦1本1本の音が粒立って、曲ではなく適当に弦を鳴らすだけでも聴き入ってしまいます。
撮影の行き詰って、う~んと悩む時には、このギターを弾いて気分転換。楽しく撮影しようと思いました。

(にせぶ)

<メッセージ (2018年 4月 1日)>

今日から4月。今年は桜の開花が早いそうですね。わたしの住んでいる愛知県豊田市も桜満開ですよ。
3月は本業が超多忙で撮影できていないので、今日は、久しぶりに撮影をしようと思ってます。
さて、わたしは撮影中、ずっとラジオか音楽をかけてます。最近気がついたんですけど、撮影に適した音楽ってのがあるんですよ。 わたしで言うと、中島美嘉さんや宇多田ヒカルさんのバラード、マーラーの第5番の第4楽章と第9番、ブルックナー第5番の第2楽章や第8番、ベートーベン第9番の第3楽章、ジョンコルトレーンのサックス、岡崎倫典さんや西村歩さんのギターソロ。すぐに思いつくところを書くとこんな感じです。
これらの曲を聴いてると、なんだかこう自分の中に安堵感が湧いてきて、その後、勇気が生まれるんです。だから、水滴写真の未知の領域を彷徨う時に前向きになれるんです。  
「あなたにとって芸術とは何ですか?」もし、わたしに問うとしたら、「生きる力です。」そう答えようと思ってます。でも、聞かれた機会はまだないですけどね・・。

(にせぶ)


<メッセージ (2018年 3月 25日)>

先日、NHKのディレクターの方からメールを頂きました。
なんだろう?メールを開けて読んでみました。そしたら、なんと、以前放送した「天才てれびくんYOU」の水滴写真が好評を頂き、再放送して頂けるとのこと。あぁ、うれしい。短縮版になるらしいですけど、それでもね、やっぱりうれしいです。早速、録画予約しておきましたよ。
皆さんも、もし良かったらぜひ見てくださいね。
放送は、3月27日(火)18:20~ Eテレです。

(にせぶ)



<メッセージ (2018年 3月 4日)>

水滴写真を撮る時は、自分なりに守ろうとしていることがあるんです。それは、「一つのアイデアに写真は一枚」ということです。
嫌いな言葉は「陳腐」。だから、陳腐にならないように常にアイデアのある写真を撮るように心掛けてます。とは言え、たまにどうしても一枚に絞れ込めない時もありますけどね。どちらも甲乙つけがたい。そういう時は、撮りなおしたり、さらにアイデアが盛り込めないか考えます。それでも一枚に絞れない時は複数枚を採用します。
写真を撮る時は、まずはアイデアからスタート。これは基本的に風景写真と違うところかなと思います。

(にせぶ)

<メッセージ (2018年 1月 28日)>

わたしはアコースティックギターが好きで、時間があると近くの公園で弾いたりしてます。最近、岡崎倫典さんアレンジのギターソロの楽譜を購入して簡単そうな曲を練習してますよ。
で、この音楽と写真の関係についてなのですけど、別々のものと思いきや、わたしの中ではとても密接な関係にあるんです。水滴写真は、水の挙動を追い込んで突き詰めていくので撮影中は洞察と試行錯誤の繰り返し。それは根気との戦いでもある訳です。誰も撮ったことがない写真を目指すので孤独ですし、そこに答えがあるかどうかもわかりません。もしかしたら、撮れないのかもしれない。そんな暗闇の洞窟で出口を求めて彷徨うような撮影の中で、自分の助けになるのが音楽です。音楽芸術の力を借りて、写真芸術を生み出す、というとカッコつけ過ぎですけど、そんな気持ちがありますね。

(にせぶ)

<メッセージ (2018年 1月 14日)>

水の中に水滴を入れる。そうすると、当然ながら水滴は水に溶けてしまいます。物理的にはそうなのですが、水の中に水滴が入っている写真は撮ることができます。
もちろん、CGや合成などは使いません。水が透明であることを利用しますよ。
まず、アクリル板にスポイトなどで水滴をたくさん置いておいて、その上に透明のトレイを置きます。トレイを直接アクリル板に置くと、水滴が潰れてしまうのでアクリルとトレイの隙間を数センチ取っておきます。次に、トレイの中に水を入れます。そして、アクリルの下にストロボを置いて、発行面を上に向けます。ここまでで準備完了。
後は、カメラで上から撮影すればOK。例えば、トレイに水滴を垂らして波紋を作ってからパシャッて撮ります。
すると、水の中に水滴が入っている写真になります。
この方法はいろいろ応用が利くので、覚えておくといいのではと思います。

(にせぶ)


<メッセージ (2018年 1月 1日)>

あけましておめでとうございます。

今年は、水滴写真の新しい扉を開くため、新しい撮影方法やセッティングにこだわりたいと思ってます。「ひとつの撮影アイデアに写真は一枚」が基本。似たような写真はあまり出したくないので、よく考えて1枚1枚を丁寧に撮っていくことを目指して頑張りますね。

また、このWEBで順次ご報告したいと思ってます。
本年もよろしくお願いいたします。

(にせぶ)


<メッセージ (2017年 12月 3日)>

12月。いよいよ今年も終わりが近いですね。この時期、クリスマスの季節も近く、街中がキラキラしていて、写真撮る時もなにか心が温かくなるような一枚を撮りたくなりますね。私はハートマークが好きで、このマークを利用して何か撮れないかなと考えることが多いです。ところで、ハートマークは世界共通なのかな。海外の方たちにもウケがいいみたい。やっぱり民族が違っても人としての感情はみんな同じなんですね。
さて、今日は日曜日。撮影日なのでハートマークの写真を考えてみようと思います。

(にせぶ)


<メッセージ (2017年 11月 5日)>

わたしの水滴写真教本を読んでいただいた方、またそうでない方からも、時々、水滴写真の撮り方について質問メールを受け取るのです。中にはとても熱心に取り組んでおられる方もおみえです。先日、群馬県に住む方から水滴写真で賞を取られたというメールを頂きました。直接お写真を拝見しに愛知県から出掛けていきました。太田駅前のおしゃれな図書館が会場でした。館内の通路に沿ってたくさんのお写真が飾ってあり、その中にグラスから跳ねる水滴のお写真がありました。とてもきれいな形でしたよ。多くのお写真の中から賞に選ばれておりました。素晴らしいですね。励みになることと思います。わたしの簡単なメッセージを作者の方に渡してもらえるよう頼んで帰りました。太田さん、これからも素敵な作品を生み出してくださいね。

(にせぶ)

<メッセージ (2017年 9月 24日)>

朝夕肌寒く、もうすっかり秋の気配ですね。わたしの住んでいる豊田市も彼岸花があちこちで咲いてます。
さて、最近わたしは小さな漏斗を買いました。大きさは4センチくらいかな。これは何に使うのかというと、色の違う水滴を同じ位置に落とすために使おうと思ってます。
漏斗に水滴を垂らせばたとえ違う場所にあるスポイトでも、漏斗によって最終的には同じところから落下するはず。
まだ、試していないんですけど、近いうちに試す予定です。結果はまたこの場で報告しますね。

(にせぶ)


皆さんにお知らせ。
今度、NHKのEテレに出演することになりました。「天才てれびくんYOU」という子供向けの番組で、9月12日夕方の放送です。番組では簡単な装置を使って、子供たちと一緒に水滴写真の撮影をしています。
もし良かったら、ぜひご覧ください!

(にせぶ)


<メッセージ (2017年 9月 2日)>

わたしは、早起きで朝4時半に起きるんですね。その時間だと最近はすっかり秋の空気です。窓を開けるとひんやり涼しい風が入ってきて寝起きの体には寒いくらい。
さて、この気温の差は水滴写真に影響するでしょうか?
わたしの研究ですと、気温が高いと水道水に気泡が出来て撮影の邪魔になります。だけど、水滴落下時のタイミングのズレは気圧の方が影響大で、気温はほとんど無視できるという気がします。ちなみに、気泡は水道水をバケツに汲んでしばらく放置。水の冷たさが温まってきたら撮影に使います。

(にせぶ)


<メッセージ (2017年 8月 5日)>

私はもともと本業の仕事があるので、写真活動は土、日曜日に行うのです。でも最近は、とある写真活動(今は言えません)でちょっと忙しい休日を過ごしてます。一日中、写真のことだけを考えて過ごせたら、今より写真撮影のペースも上がるのになぁと思うのです。
先日、親しい人のその事を話したら、「そういうのは実際にやってみると時間がたくさんありすぎて今よりペースが上がらないのだ。」との返事でした。やっぱりそうなんですかね。みなさん、どう思います?
土曜日に仕事入ることも多いし、日曜の一日だけだと、じっくり追い込んだ写真が撮れないんですよね・・・
と、今日は愚痴っぽい私でした。

(にせぶ)

<メッセージ (2017年 6月 25日)>

すっかり梅雨空になりましたね。この日曜日は三河湖へドライブに行きました。三河湖には大きなダムがあるんですよ。でも、雨だったので早々に退散。帰り道の香恋の館というお土産屋さんに立ち寄りました。
そしたらね、二階のギャラリーに能面やお洒落な人形、バレリーナのような小さな人形が音楽に合わせてクルクル回るオルゴールが展示されてました。ちょっと覗いてみたらとっても素敵な作品ばかりでした。能面は一本の木から削り出して作るのだそうです。近くで見ると迫力ある表情に目が釘付けになります。人形もメルヘンチックな色合いで優しいお顔。オルゴールは、とても癒される音色でしたよ。もともと展示会が開催されていることは知らなかったので、ふと立ち寄ったところで偶然出会った良い作品たちと説明してくれた作者さんに感謝です。


<メッセージ (2017年 6月 4日)>

今年の夏は暑くなるそうです。この季節、水滴写真では困ることがあるんです。それは・・・結露と気泡です。
グラスに入れた水道水は外気より冷たいので、撮影中にグラスが結露したり、グラスの内壁に気泡が発生します。これは写真に悪影響なので、対策が必要です。
私の場合は、あらかじめ大きめのバケツに水道水を大量に汲んでおき、外気と同じ温度になってから撮影に使います。ちなみに、水道水を置いておくときは水の中にほこりが入らないように、蓋をしてくださいね。

(にせぶ)

<メッセージ (2017年 5月 21日)>

水にオイルを浮かべると、薄くて丸い膜のようになるんです。このオイルにストロボを当て、上から撮影すると、宇宙に大小さまざまな星が存在するみたいに、水の上にさまざまなオイルの星が撮影出来ます。ここにグラデーションを反映させるとドラマチックな一枚が撮れます。
撮影している人がいないのか、日本では見たことはありませんが、興味のある人はぜひチャレンジしてみてください。

(にせぶ)

<メッセージ (2017年 5月 3日)>

グラス形を数種類撮影して、PHOTOHITOや500pxに投稿しました。このグラス形は、しっかりした形をした写真は他のドロッパーの写真には見なかったので、真新しいのかな。意外にも多くの反応を頂きました。
体操選手が、演技のフィニッシュをピタッと決めるみたいに、私はいつもバランスよく形が整っている写真を目指しています。特には偶然も手伝ってくれることがあるんですよ。自分では意図しないところに水滴が落ちてくれて、写真がカッチリとするところなんか、神様からのプレゼントって気がします。

(にせぶ)

<メッセージ (2017年 4月 2日)>

すっかり暖かくなってきましたね。
3月は本業が忙しくて、水滴写真の時間がとれず、撮影がほとんどできませんでした。今日は、ほんと久しぶりの撮影でしたよ。
時間が空くとダメですね。集中力も追いつかないし、粘り強さもなくなってしまって。発想もね、今一つなんですよ。やっぱり、階段を登っていくように、少しずつでも定期的に撮影はした方がいいなぁと実感しました。

(にせぶ)


<メッセージ (2017年 3月 4日)>

「写真は2度撮る」というのが私の撮影の基本です。私は朝型の人で、水滴写真をやる休日ですと、5時くらいには起きますよ。4時半頃から目が覚めて、布団の中で横になりながら、頭の中で写真の構想を練ります。ここで、まず1枚目を撮るんですね。想像の中でまず1枚。あとは、これを現実に撮影して、これが2枚目です。
この時、想像の1枚目と現実の2枚目のギャップが次のステップにつながるって感じです。時に、想像と実際は大きく違うことがあり、その時は多くの気づきがありますね。

(にせぶ)


<メッセージ (2017年 2月 12日)>

毎日、まだまだ寒いですよね。
裾野市から豊田市へ引っ越して、今住んでいるところの近くに、鞍ヶ池公園があります。ここの駐車場に、野良猫ちゃんが3匹いるんですね。この寒い中、外で寝起きしているなんて。猫好きの私からすると、何とかしてあげたいってね、そう思っちゃいます。休日になると、鞍ヶ池公園に行って、野良猫ちゃんに会いに行ってますよ。
毛並みがとてもきれいで、もともとは飼い猫だったんじゃないかな。私も猫を飼っていますが、飼い主さんは最後までちゃんと面倒みてあげないとねって思いました。

(にせぶ)



<メッセージ (2017年 1月 22日)>

先日、新幹線で東京まで行ったとき、新幹線内にある企業の広告があり、水滴写真が使われていました。水滴が水面に落ちて同心円状が広がっている写真です。この波紋の線は馴染みがあるので、すぐに目に飛び込んできます。
よくよく見ると、お茶やコーヒー、化粧品の広告でも水滴を使ったものが多いんですね。
波紋もそうですし、跳ね返りを撮ったものもありますね。そういうの見ると、水滴たち頑張っているなぁと感心しますよ。
ただ、ちょっと残念なのは、どの写真もよく似た形、簡単な形ばかりなのですね。
水滴が見せる流美はほかにもたくさんありますから、たまには違う姿をとらえて、世の中に発表してもいいのではと思いますね。

(にせぶ)

<メッセージ (2017年 1月 10日)>

さて、今日から仕事再開です。
昨年までは富士山近くの裾野市に住んでいたんですが、1月からは愛知県の豊田市へ引っ越しです。
裾野市は、天気の良い日は富士山が見れるし、箱根も近いしでとても気に入っていたのになぁ。
また、ぜひ帰ってきたいと思ってます。
(にせぶ)

<メッセージ (2017年 1月 2日)>

明けましておめでとうございます。
水滴写真、本年は時間を割いて高難易度に挑戦したいと思っています。世界が初めて見る水の形を創り出す。
これを目標に一年頑張ってみるつもりです。
本年もよろしくお願いします。
(にせぶ)


私は一人歩きの徒歩旅行が好きで、時々、テント担いで一人歩きをします。今回は12月23日から3日間、伊豆半島の南部を歩いてきましたよ。修善寺から天城越えやループ橋を渡り、まずは河津でテント泊。次の日は、石廊崎まで往復し、道の駅(下田開国みなと館)でテント泊。三日目は下田から白田温泉まで歩きました。視界のどこかにいつも海を見ながらの徒歩旅行は、日常の生活でついてしまった、心の染みをきれいに洗い流してくれましたよ。
あぁ、すっきり。これで私の今年のイベントはすべて終わり。撮影も終了です。あとは、本を読みながら静かに正月を待とう。
本年は、個展を開催することもでき、写真活動のターニングポイントになりました。これも皆様のおかげです。
ありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
(にせぶ)



<メッセージ (2016年 12月 18日)>

カメラは水滴写真用にEOS7Dを使ってます。水滴写真は室内撮影ですので、持ち歩くこともなく常時三脚にのっけたままです。で、どっか旅行など用にPowershot S95を持っていたんですけど、先日、浜辺の海水の中に落としてしまい、あえなく壊れました。(>_<)
で、次は丈夫なカメラにしようと今日注文したのが富士フィルムのXP90(イエロー)という防水カメラです。水中でも撮影できるみたいです。人の身長くらいなら落としても大丈夫なんですよ。早く来ないかなぁーっ(^^♪登山にも最適な感じです。正月休みは、このカメラが活躍しそうです。

(にせぶ)



<メッセージ (2016年 12月 11日)>
いよいよ12月になって、今年も一か月を切りましたね。年の瀬は、何かと忙しく水滴写真の時間が取れないので、今年の撮影はもう終わりです。今年は、そうだなぁー、自分としては初期作品群から。さらにライティングを磨いて第二次作品群に移った年になったって感じかな。
ところでキヤノンギャラリーから忘年会のお知らせがあり、年末近くにキャノンギャラリー銀座へ行ってきます。忘年会には、百名を超すほどの写真家さんたちがいらっしゃるそうです。私なんぞがいても、誰も知らないからね、隅っこで何か食べて帰ろっと(^^)
(にせぶ)



<メッセージ (2016年 11月 27日)>
先日、11月の降雪が話題になってましたけど、この日は私もびっくりの出来事が。朝、出かけようと部屋のドアを開けると、いつもは頂上付近だけに冠雪のある富士山が、その日は頂上から裾野まで山全体が雪に覆われて真っ白でした。富士山の隣の愛鷹山まで白い稜線がすぅーっと伸びていて、それはそれは美しい光景でしたよ。
温暖化の影響で、白銀の富士山はもう撮れないのではと思っていましたが、こういう出来事もあるのですね。
で、写真撮ったかって?・・もちろん、慌ててカメラを持ち出して雪化粧の富士山をパシャパシャ撮りましたよ!
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 11月 7日)>

皆さんは、カメラの性能についてどうお考えですか?
最近、写真が好きという方とお話しする機会がありました。しばらく話を聞いていたのですが、その方はカメラメーカーの特徴、カメラ機能のメリット、レンズの種類や特徴の話ばかり。肝心の写真撮影についての話が一向に出てきません。私は、カメラ本体はそれなりに写ればそれでよく、大切なのは「何を写すか」だと思っているので、機材の話はあまり興味ないんです。うーん、この方は「写真好き」というよりは「カメラ好き」とでも言った方がしっくりくるなぁと思いました。
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 10月 30日)>
毎週土曜日になると、箱根に行ってます。箱根にはガラスの森美術館という、ガラスを主題にした美術館があって、先日行ってきましたよ。ベネチアングラスが印象的でした。もともと、水とガラスは質感がよく似ているんです。自分の水滴写真も、ガラスですか?って聞かれることもありますし。で、ベネチアングラス、とってもきれいでした。それをね、水滴で創れないかと今挑戦してるところです。本物のベネチアングラスには遠く及ばないですが、出来るところまで頑張ってみますね。

<メッセージ (2016年 10月 2日)>
写真のライティングってとても大事だと思うんです。同じ被写体でもライトの当て方が変わると、写真の見栄えもガラリと変わりますよね。
で、最近、影の使い方を勉強しようと、あれこれ試してますよ。自分の写真はいつも、カラフルで派手めなものが多いのですけど、影をうまく使って、大人っぽく、しかも立体的に表現したいなって思ってます。
今後の作品にご期待あれっ!!(^^♪
(にせぶ)

<メッセージ (2016年 9月 4日)>
このところ、仕事が超多忙です。水滴写真活動になかなか時間が取れないんですよね。(-_-;)
気分が乗らないと、すぐに根気がなくなってしまって、いい写真が撮れないんです。撮影前の構想も小ネタになっちゃいますしね。でもなぁーっ、しばらくは多忙が続きそう・・。
アイデアノートに撮影方法の新構想を書いて、また、時間のある時に挑戦だね。
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 8月 16日)>
車山高原に出かけていて、たまたま昨日は諏訪湖の花火大会だというので、行ってみました。湖畔で見ていたのですけど、すごい迫力でしたよーっ!花火も音もデカい!やっぱり、実際に近くで見ると違いますねぇ。多くの花火が惜しげもなく、次から次へと打ち上げられる様はまさにど迫力でした。感動しましたーっ!
そうそう、帰りのマイカー渋滞もすごかったです・・。
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 7月 24日)>
最近、「500px」に投稿した写真の何枚かが、サイトのギャラリーへ登録してもらえているらしくて、時々そういう告知のメールが来ます。どういう仕組みなのかよく分からないですけど、有り難いことですね。
サイトを見ると、いろんな写真があって楽しいですよね。
なかには自分と同じ分野(水滴写真)の作品も投稿されていたりするんですけど、あまり参考にしないようにしてます。「人のマネはしたくないっ!」っていう、結構強いこだわりがあるので、サイトで見た写真は撮らないようにしてます。時々、自分が撮ろうって思っているアイデアが先に使われていたりして、「おっ!(驚き)」ってなりますよ。残念ですけど、そういう時、そのアイデアはボツにしてます。

(にせぶ


<メッセージ (2016年 7月 10日)>
毎日暑いですねぇー。いよいよ夏本番!夏山登山シーズンがやってきましたね。登山は大好きです。今は、富士山のふもとに住んでいるので、やっぱり最初の一座は富士山かな。と言っても、2回目の登山になるので、今回は、相模湾の海抜0メートルから徒歩をスタートして箱根を経由、そのまま御殿場口から登頂を目指してお鉢巡りと行きますよ。下山はそのまま自宅へ。3日あれば十分かな。あとは、立山周辺を3,4日ほっつき歩こうかなって、思ってます。
さて、早いとこ、登山の準備しなくちゃ!
あぁ、楽しみだーっ!(^^)

(にせぶ)


<メッセージ (2016年 6月 19日)>
写真展「水滴写真の世界」、おかげさまで好評のうちに終わることができました。ご来場いただいた方々と会話をするうちに、自分もたくさん学ばせてもらいました。また、いい想い出ができましたよ。
みなさん、本当にありがとうございます。
また、これからも、今まで通りマイペースで一枚一枚丁寧に撮っていきますね。

(にせぶ)


<メッセージ (2016年 6月 5日)>
写真展「水滴写真の世界」が最後の舞台である、キヤノンギャラリー名古屋で始まりました。6月4日土曜日に会場へ行きましたよ。開館時間から多くの方にご来場いただきました。名古屋はね、なんと言っても地元なので、友達や、職場の上司や同僚や、地元の写真仲間もたくさん来ていただきました。みんな、ありがとーっ!!
感謝感謝の一日でしたよ!!(^^)
-------------------------------------------
ただ一つ、残念なことがね、あったんです。会場には、「水滴写真教本」の全ページをプリントしたファイルを置いておいたんですけど、土曜日にギャラリーに行ったら、なくなってました。キヤノンの人に聞くと、金曜日の朝はありましたよって回答でした。
どなたか、手違いで持ち帰ってしまった方、そっとギャラリーに返してもらえると助かります。あれは、せっかくご来場いただいた方へ、撮影方法の参考にしてもらおうと準備したものなんですね。だから、みんなで見ましょうよ。
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 5月 15日)>
先日、キヤノンギャラリー福岡の搬入のため、生まれて初めて九州に行きました。博多って都会なんですね。あちらこちらから、博多弁が聞けて、遠いところに来たんだなーって思いましたよ。無類の猫好きの私、「相島」へ行ってきましたよ。路上に猫ちゃんがいっぱい。みんな人懐っこいね。撫でてやると、モフモフです。(=^・^=)
「エサは与えないでください。」っていう看板があちこちにありましたけど、この猫ちゃん達は地域の住民さんがエサをあげているのかな?それか、いつもお腹を空かしているのかな?ちょっと心配になってしまいました。
(にせぶ)

<メッセージ (2016年 5月 2日)>
4月にキヤノンギャラリー銀座で行われた写真展「水滴写真の世界」が終わりました。ホッと一息つけると思ったら、仕事が忙しくなって、最近は水滴写真撮ってないなぁ。
あれよあれよという間に、5月になってしまいました。5月はキヤノンギャラリー福岡で写真展開催です。皆様、よろしくお願いします。(^_^;)
さーて、準備しないとねぇーっ。
GWに頑張ろうっと!!
(にせぶ)

<メッセージ (2016年 4月 10日)>
銀座の写真展、たくさんの方々にお越しいただき、本当にありがとうございます。4/13(水)までやってます。 
会場では、やっぱり撮影方法の質問が多いですね。シャッタースピードとか色付けとか・・。疑問にはなるべくお応えして、解説しますので、会場では質問してくださいね!
昨日は、昼ごはんも食べずにずっと立ちっぱなしで会場にいたので、終わった時はヘトヘトでした。(^_^;)
でもねーっ、あっという間だったなぁ。たくさんの方々に楽しんでもらえて、ほんと良かったなぁ。ホッとしています。ありがとうございます。
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 4月 3日)>
春ですねーっ。テレビで桜のニュースを聞くたびに、またこの季節が来たかぁって思います。さて、私事ながら、いよいよ写真展の開催直近となりました。半年前にキヤノンさんから選考結果通知を受け取った時、開催するのは4月だから桜の季節だなって思ったんですよ。まだまだ先だなって感じていたのですけど、こうして実際に桜が咲いているのを見ると、半年間の準備はあっという間でしたね。写真展、一体どんな結果になるのかなぁ。でもね、出来ることはやりきった感があるので、「あとは野となれ山となれ」ってそんな気分ですね。
皆様、ご都合よろしければ、ぜひお越しくださいね。  
(にせぶ)

<メッセージ (2016年 3月 12日)>
暖かい日が続き、そろそろ春の足音が聞こえてきますね。ネットの投稿写真にも、春の訪れが感じられる写真が増えてきました。梅の花や桜の写真がやはり多いですね。今は裾野市に住んでいるので、毎日、富士山を眺めながら暮らしているのですけど、雪がだんだんと解けて来てます。少し前までは富士山の裾野まで白かったんですよ。もう今は、頂上付近3分の1くらいでしょうか。周辺の山々も、もうすっかり雪解けとなりました。夏になったら、この富士山を登ってみようと思ってますよ。せっかくだから、駿河湾の海抜0メートルから頂上を目指して、テントかついで歩いて行こうと思ってます。  
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 3月 2日)>
やっと、ほんとにやっと、写真展の展示写真の選定が終わりました。まだ、写真展の準備途中なのですが、今までの作業の中で、この写真選定が一番悩み、時間がかかりましたよ。会場の広さは決まっているので、その中で、出来れば多くの写真を出したいのだけれど、そうすると一枚一枚のサイズが小さくなって、迫力がない。かと言って、写真を絞ればバリエーションが乏しくなるしで、一つを立てればほかが立たず。「泣いて馬謖を斬る」ごとく、最後は写真枚数を減らす他ありませんでした。思い入れのある写真でも、いざとなればバッサリ切り捨てる。これが出来るのがプロなのでしょうか。私には、出来ないなぁ。
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 2月 13日)>
キヤノンギャラリーの写真展がだいぶ近づいてきましたよ。先週、東京まで出向いて行って、キヤノンの担当者の方と写真プリントをお願いしているラボの方にお会いしました。写真の色合わせと、展示イメージを決めてきましたよ。そうそう、あと、額にするかパネルにするかとかも。今回はパネルで行こうと思います。額の柄やマット色に左右されず、写真そのものを展示出来るから、この方が素直に表現できるし見やすいかなと思って。まだまだ準備でやることがありますので、しばらくは忙しい休日が続きそうです。皆さん、よろしかったら写真展にはぜひお越しくださいませ!!
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 1月 29日)>
昨年からの度重なる引越しで、今は豊田市に住んでいるのですが、今日は新しい職場の皆さんと梅坪駅近くのお洒落なメキシコ料理店で飲み会でした。よく笑い、楽しい時間時間を過ごせましたよ。フローズンのテキーラが美味しかったなぁ。。。新年になってから、仕事と写真展の準備で一気に忙しくなり、休日の撮影もほとんど出来ず・・ちょっとストレス気味でしたので、今日は良い一日でしたよ。(^o^)丿
やっぱり、笑うっていいんだね。
(にせぶ)


<メッセージ (2016年 1月 5日)>
先日、地元のアーティストの方のアトリエを訪れました。赤色を基調としたユニークな風景画を書いていらっしゃるとても有名な方です。私が中学生の頃に、日本人で初めてモナリザの模写を許された方だと、当時担任だった先生から伺ったように記憶しています。それにしても本物の絵画を実際に見てみると、何とも言えない迫力があるものですね。私はもともと美術館が好きで、遠出の時にはその土地の美術館はよく訪れます。いつも重い気持ちがリセットされたように前向きな状態になれるのです。今回も、とても良い刺激を頂きました。
(にせぶ)


新年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
今年の年末年始は、天気も良くて暖かい日が続きましたよね。昨日の大みそかは近所の神社に初詣に行ってきました。私の地域では、初詣に行くと、お菓子がもらえるんですよ。毎年、大勢の人が訪れるから行列に並んで参拝の順番を待つんです。毎年寒さ堪えて待つのですけど、今年は厳しい寒さもなくて、待ってるのが楽でした。しばらくは、のんびり過ごそうかと思ってます。皆様も、よいお正月を迎えてくださいね。
(にせぶ)

<メッセージ (2015年12月14日)>
このところ引越しが多く、愛知県豊田市に引っ越してきましたよ。豊田スタジアムがすぐ近くにあります。そうそう、先日、500pxからメールが届いて自分の写真「In the dream」が ’Cool Idea!’に選ばれてギャラリー入りになったそうです。GANREFでも、「ウォーターベールを身にまとい」を ’Futured Photo’に選んで頂き、皆さんからたくさんの激励を頂きました。来年には写真展も決まって、本当に今年は写真活動に進展がありました。これも皆さんのおかげです。
ありがとうございます!!。
感謝の言葉で胸がいっぱいです。<m(__)m>
(にせぶ)


<メッセージ (2015年11月28日)>
大阪の江坂から、神戸市長田区へ引越しました。神戸の印象は?・・・うーん、一番初めに思ったのは、「坂が多い!」ってことかな。あと、電車の路線もとっても多い。乗り換えの時、阪急と阪神をなんども間違えました。(+o+)
今日は新しい職場の方々が、三ノ宮近くの店で壮行会を開いてくれるんですよ。慣れない土地ですけど、こうやって声をかけてもらえると、とてもうれしいです。
でも、神戸にいるのもあと少し。もうすぐ、愛知県豊田市へまたまた引越しなのです・・。そうそう、写真展DM案の件、キヤノンさんと何度か打ち合わせしてやっと決まりました。色校正が出来たら、このサイトにアップする予定です。12月中旬くらいかな、お楽しみに!!
(にせぶ)
 

<メッセージ (2015年11月9日)>
三重県四日市から、大阪の江坂というところに越してきました。2週間程の滞在です。大通り沿いに高いビルがたくさん立ち並んでますよ。都会ですねーっ!!
最近は、身の回りも慌ただしく仕事もちょっと大変なのでなかなか写真に集中できないですね・・。これも、写真活動からみたら、ある種の休養なのかな?って、前向きに考えてます。ぜんまいを巻いてるんですよね。今度時間が取れたら、巻いたぜんまいを開放して、いい写真が撮れるといいです。
(にせぶ)


<メッセージ (2015年10月30日)>
三重県四日市に仕事で赴任し、1年1か月の間石油コンビナート近くで暮らしました。今日はここでの仕事の最終日。一緒に仕事してくれた皆さん、ほんとにありがとう!
11月からは神戸に引っ越します。写真機材も一緒に引越しですよ。新しいところで、また仕事と撮影、頑張りますね。
(にせぶ)

<メッセージ (2015年10月20日)>
水滴写真は、やってみると結構難しいところがあって、何百枚も撮った挙句、結局最後は神頼みの要素が多いんですね。当然ながら根気が要ります。そこで登場するのが’音楽’なのですよ!私はいつも音楽を流しながら撮影してます。ロックやポップスやジャズ、時にはクラシックも聴きます。マーラーとブルックナーの交響曲がいいですね。ポップスですと、実は中島美嘉さんの曲がすごく好きで、撮影の初めにいつも聴いてます。歌詞もいいし、何といっても彼女の声が素晴らしい!!撮影がうまくいくような気になるんですよね(^^)
(にせぶ)
 

<メッセージ (2015年10月5日)>
皆さんにお知らせがあります。
2016年キヤノンギャラリーにて私の水滴写真展が開催されることになりました。日程はこれからキヤノンさんと打ち合わせて決めていきます。まずは皆さんに開催決定のご報告。キヤノンギャラリーはすごい競争率だと聞いていたのでダメ元での応募だったのですが、開催決定となってホッとしてます。これもすべて日頃応援して下さる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。かねてよりの目標であった「水滴写真カテゴリーの確立」に向けて、これからも一枚一枚丁寧に撮っていきますね。<m(__)m>
(にせぶ)
  

<メッセージ (2015年9月16日)>
皆さんから、このサイトのメアドにメールを頂くことが時々ございます。いつも楽しく読ませてもらっていますよ。そうですねぇ、内容はと言いますとね。「水滴だけでこんなに表現できるなんて・・」や「不思議や感覚の写真ですね」など驚かれる方が多いかな。なかには、2滴衝突の写真について「だんだんキノコにしか見えなくなってきました!」というのもありました。自分もちょっと笑ってしまいましたよ。確かにおっしゃる通りだなって(笑)」とにもかくにも、ご感想頂けてうれしく思いますよ。見ていただける方が一人でもいらっしゃれば、こんなサイトでも無駄ではないんだなと思えますもんね。
(にせぶ)

<メッセージ (2015年8月27日)>
写真を撮ることは出来たとしても、その後にもう一つのハードルが・・・なんだと思います?それは「タイトル」です。タイトルも写真の出来栄えを左右する大きな要因で、バカには出来ませんよ。写真はたいしたことなくても、タイトルがぴったりとくる作品は、共感できてクスッと笑ってしまいます。実は私はタイトルが大の苦手、タイトルがつかないために発表できない写真が結構あります。毎回、あれこれ考えるんですけど、イマイチなんですよねぇ。
(にせぶ)  
  

<メッセージ (2015年8月17日)>
私は水滴写真の他に、もう一つ趣味があります。それは山登りです。このお盆の連休に北アルプスの裏銀座を歩いてきました。槍ヶ岳には行かず笠ケ岳までの縦走です。途中、水筒の水がなくなり喉が渇いて仕方なく、でも山小屋も水不足で十分に水分補給が出来ない時があり苦労しました。水は命の源ですね。つくづくそう思いましたよ。その経験を水滴写真に使えないか?うーん、難しそうだし、なんだか苦しそうだなぁ・・。
(にせぶ)  

<メッセージ (2015年7月22日)>
先日、たまたま私用で仙台へ行く用事があり、そのついでに松島へ寄りました。ちょうど台風が近づいている時だったので海上はどんよりしてとても観光船に乗る気にもなれず。そこで、近くにあるガラス美術館へ行きました。ガラス工芸と水滴は見た目によく似た部分があるので、とてもいい刺激をもらって参考になりましたよ。ガラスで出来た作品の美しさに惚れ惚れしながら、いい時間を過ごさせてもらいました。今後の作品創りに大いに役に立つと思います。
(にせぶ)  


<メッセージ (2015年7月1日)>
先日、写真投稿サイト「GANREF]からメールがあり、何だろう?と思って読んでみたら「WEEKLY GANREF」に「花咲く頃」が掲載される旨のお知らせでした。これはうれしかったですよ。「花咲く頃」を撮影した時、私自身もうん、この写真はきれいだなと思ったのですが、それにしてはいまひとつ注目されずじまいでしたので、ちょっと写真がかわいそうに思っていました。この度、「WEEKLY GANREF」に掲載して頂き、私自身はともかく、写真が良かったなと思います。
(にせぶ)  
  

<メッセージ (2015年6月27日)>
6月は本業のサラリーマンの仕事が忙しくて、なかなか撮影が出来ませんでした。家に帰っても仕事でしたからね。
そうなると、単調で疲労感だけが蓄積する生活に心がすさむし、自分自身が精神的に固く乾いたような気がしますよ。こんな時こそアートの力が必要だなって思いました。水滴写真の構想を練ったりするのって結構楽しいですし。頭の中で1回目を撮影して、実際にセッティングして2回目を撮影するって感じかなぁ。早く前みたいに仕事暇にならないかなぁ~
(にせぶ)

<メッセージ (2015年6月17日)>
水滴写真を始めてから、街のあちこちにある噴水や、家の水回りの水の動きが気になるようになりました。特に、雨の日は屋根から滴り落ちる水滴を何十分も目で追っていたりしてしまいます。なんだか気味悪い人って感じですよね(笑)まぁ、おかげで水滴をみるとその水質がどんな風で、どんな動きをしているのかが分かるようになったような気がします。
(にせぶ)

<メッセージ (2015年5月24日)>
私事で恐縮なのですが、最近ふと気が付いたことがありまして・・。個人的に色をたくさん入れたカラフルな写真が好きなのですけど、それはなぜか?その理由は、撮影現場がとても地味だからかなと思い当りました。カーテンを引いた薄暗い部屋の中、マクロレンズで手のひら程度の狭い範囲を狙い、身体をかがめて水滴をポトッ、ポトッと落とすという・・書いているだけでも地味だなぁ(笑)だから写真の中はうんと明るく、カラフルにしたい衝動が自然と湧き出してくるんですよね。そういうことに、気が付いた次第です。
(にせぶ)  
  

<メッセージ (2015年5月10日)>
写真を撮る時は、オリジナリティにこだわってます。ネットや写真集に掲載されている写真は、確かに傑作写真が多く掲載されています。でもね、中にはすでに世の中に公開されている写真をまねただけと言うのも結構多いものです。それはそれで美しいのですが、そのような写真には私は価値を見出しません。世に出す写真には、その一枚に独自のアイデアが欲しいのです。お手本写真をまねた一枚と、オリジナルの一枚にはどちらも良い写真に見えるものの計り知れないほどの格差があり、その格差にこそ撮影者の真価が込められているのではないかと思うのです。
(にせぶ)  

<メッセージ (2015年4月26日)>
水滴写真はどこか科学実験的なところがあるので、写真撮影の前には今日行う予定の撮影方法をノートに記載しています。撮影中に気が付いたことなどはすべてノートに記載して、今後の検討資料にしています。つまりこのノートには自分のノウハウが詰まっているんですね。自分にとっては非常に貴重なものになっています。もし、火事になったりして逃げるとしたら・・・真っ先にこのノートを持っていくだろなぁ。
(にせぶ) 

<メッセージ (2015年4月5日)
もうすっかり春ですね。ネットの写真投稿サイトも桜の写真が一気に増えました。日本の春はいいですよね。私も以前はよく桜を撮りに近所の桜名所へ出かけてました。名古屋城の桜が印象的で規模の大きさにもびっくりしたことが強く記憶に残ってます。さて、話は変わり、先日「水滴写真教本」の販売を再開しました。水滴写真の基本的なテクニックを記載した電子ブックです。アートな世界を皆様もいかがですか。
(にせぶ)  

<メッセージ (2015年3月14日)
最近は、ずっとしゃぼん玉の写真に取り組んでます。しゃぼん玉は光を当てると、自然にレインボーカラーの美しい色をみせるのでストロボでの色付けが不要です。撮れた写真の絶妙なグラデーションを見ると、「あぁ、これが自然の色なんだなぁ」と見惚れてしまうことも多いです。自然は偉大ですね。
(にせぶ) 

<メッセージ (2015年3月1日)
新しい被写体ということで、しゃぼん玉を撮っています。しゃぼん玉自体は水滴写真で時々使うのですが、このしゃぼん玉をメインにして撮影するというものです。撮影してみると、これがびっくりなのです。薄膜干渉のおかげで綺麗な色がでますし、カメラで捉えるしゃぼん玉は不思議な世界が広がってます。
(にせぶ)  
  

<メッセージ (2015年2月14日)
最近は背景を工夫しようと思っているんですが、それと同時に「構図」も研究対象にしてます。水滴写真は、いわゆる「日の丸構図」になりやすいんですよね。ややもすると飽きやすい写真になってしまいます。という訳で、「構図」を意識して写真創りをすることをしばらくは目指して行こうと思ってます。皆さん、「構図」は日頃どれくらい意識してらっしゃいますか?
(にせぶ)

<メッセージ (2015年1月31日)
やっと土日がやってきました。アマチュアの自分は休日しか写真活動できませんもんね。今日も最近挑戦している背景の工夫に取り組もう!アイデアはあるので、それを試してみるだけです。私の場合、狙う写真は頭の中で初めに1回撮ってます。それを現実のものにしてもう1回撮るだけです。それが済んだら、そこから試行錯誤が始まりますよ。そこからが醍醐味でして、水滴写真世界の回廊をゆっくり歩いていくんです。
(にせぶ) 

<メッセージ (2015年1月18日)
最近、いつも頭の片隅にずっとひっかかっていることがあるんですね。それは構図と背景をもっと工夫する・・という事です。今は水滴の形をメインにそれだけを全面に配置した構図なのですけど、より複数の要素を写真一枚の中に配置して構図を組立て背景も柄模様が出来るようになったらいいなってね。具体的にはこれから少しずつ考えていくんですけど、さてどうなるかな?
(にせぶ)

<メッセージ (2015年1月10日)
マクロレンズのボケについて。マクロレンズの絞りを開放側で撮影するとバックに光の粒が淡くボケた写真が撮れます。これはこれで美しいのですが、私は多くの場合は絞り込んで撮影し、ボケを使うのはそれを明確に意図した作品にのみたまに使うだけです。ボケを使った写真は、その作品から放射される美しさがどれもこれも最終的にはよく似た写真になっているようで、個々の個性が喪失している気がするからです。
(にせぶ) 

<メッセージ (2014年12月29日)
今年もあと少しとなりましたね。2014年3月に初の水滴写真をネットの写真投稿サイトにアップして、はや10カ月になりました。水滴写真は、もともと自分のパソコンの壁紙として楽しんでいたのですが、こうして世に出せることが出来てほんとに良かったです。これもいつも応援してくださる皆様のおかげです。本年はありがとうございました。皆様、良い一年をお迎えくださいませ。(^^)/
(にせぶ)  
 

<メッセージ (2014年12月21日)
「マニアック過ぎて伝わらない」ということもあるかなと思います。ネットにアップ出来ない写真は、構図が悪かったり露出が悪かったりと、どこか欠点があるのです。でも、中には写真としてはOKでもアップしていない写真もあるんです。理由はマニアック過ぎて美しさが伝わらないだろうと思うからです。そんな写真達はそう多くないのですけれど、ずっと自分のPCの中で出番を待っている日々を送ってます。
(にせぶ) 

<メッセージ (2014年11月26日)>
先週の土曜日(11/22)は私にとってとても嬉しいことがありました。それは、世界の写真投稿サイト「500px」で写真「Parasol」がマクロ部門でトップになれたことです。水滴写真で「500px」のトップになることは一つの目標としてきたので、達成できてホッとしました。写真に感謝。皆様に感謝です。これからも初心を忘れずに、一枚一枚丁寧に撮っていこうと思います。ありがとうございました。
(にせぶ)

<メッセージ (2014年11月19日)>
最近めっきり寒くなってきましたね。皆さん、体調はいかがですか?「ラインによる流体表現の考察シリーズ」が思いのほか好評を頂き、有り難く思っております。時間の合間に次のアイデアを思いめぐらせています。試行錯誤と大量の失敗の末に辿り着く数枚の写真達。自分一人で楽しんでいたのでは写真も寂しかろうね。またWEBにアップしたらぜひ見てやってください。
(にせぶ) 

<メッセージ (2014年11月9日)>
前から気になっていた液体・・・それは豆乳です。牛乳より少しとろっとしていて、この粘り具合はいいかも!
先日、急に思い立って試してみました。その結果が、PHOTOHITOにアップした「雨の日」という写真です。細かい粒による飛散、いつもの水はもっと大きい粒なのですが、こんなに細かい粒になるなんて!これが豆乳効果なのかな?よしっ、さっそく調査だ。
(にせぶ)

<メッセージ (2014年11月2日)>
「ラインによる流体表現の考察」を気が向いた時にやっていこうと思います。流体表面の形をどうやったらよく見えるのかなと考えて、そして行き着いたのが「線」で表面の動きを表現する方法です。乞うご期待!!
と言ってもこれから方法を考えるのですけどね・・。
(にせぶ) 

<メッセージ (2014年10月18日)>
いい写真が撮れたとき、ネットの写真投稿サイトに投稿します。その時、頭を悩ますのがタイトルなんですよね。これ難しいよね。なるべく素敵なタイトルをつけてあげたいなとなかなか決まらない事が多いです。自分の場合、ぴったりのタイトルがすぐに思いつく写真は出来がいい写真と判断するようにしています。
(にせぶ)

<メッセージ (2014年10月12日)>
先日、ある人から自分の写真は「CGですよね?」と言われちょっとショック。やっぱりCGに見えるのかなぁ。CGや合成は一切ありません。試行錯誤と大量の失敗作の上に成り立ってます。CGや合成などやり方さえ知らないのになぁ。
(にせぶ)

<メッセージ (2014年9月28日)>
2か月の東京生活を経て東海地方に帰ってまいりました!今度は三重県の四日市で生活スタート。静かでいいです。実家の一色町から車で2時間程だからカメラ機材も持ち込んでます(^^)
(にせぶ)

<メッセージ (2014年9月14日)>
先日、埼玉県へ足をのばしてみました。埼玉アリーナがとてもでかい!駅にはたくさんの人が行きかっていて埼玉県って都会なんだなぁ。
最近は、水とオイルの相性について調べてます。水の表面張力に対してオイルがどう反応するか?これは興味深いです。
(にせぶ) 


<メッセージ (2014年8月31日)>
故郷の愛知県西尾市一色町。仕事で故郷を離れ、東京足立区に引っ越して今日でちょうど1ケ月が経ちましたよ。撮影機材を持ってきていないので、ずっと水滴写真撮っていないですけど、気が向いた時に頭の中で構想を練ったりしてます。10月になったら今度は三重県の鈴鹿です。こちらでは撮影再開するつもりです。早く撮りたいなぁ。
(にせぶ)